スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第一回めぬま映画祭 

eiga-002.jpg  eiga-003.jpg

「第一回めぬま映画祭」
どうにか無事に終わりました。

今回は「東京タワー~オカンとボクとときどきオトン~」の上映とその撮影の行われた坂田医院旧診療所(以前の記事)を公開。
当日までどうなる事やらとハラハラしましたが、たくさんのお客さんとたくさんの支援者の皆さんによって大成功となりました。私も(あまり役に立てませんでしたが)お手伝いして、多くの事を学ばせて頂きました。


eiga-001.jpg  eiga-000.jpg

映画を見に来て下さったお客様、関係者の皆さん、お疲れ様でした。


個人的にはこれで大きなイベント一息ついて……よし、来月は時代まつり系に気合入れて遊びに行くぞー!!
そうそう、行田のお祭りの参加募集も始まりましたね。いっぱい申込みがあるといいなぁ。

スポンサーサイト

[2008/09/28 21:47] まちづくり | TB(0) | CM(2)

折りたたみ自転車 

バイトを始めて半年が経ちました。
始めるまでは続くかどうか不安で逃げ出したいくらいでしたが、やってみたら思った以上に好条件で居心地も良くこれからも続けていけそうです。
家業の方も少しずつ仕事を任せてもらえるようになって、趣味の方も順調で、今が一番いい時かも

……なんて言ってるうちにあっという間に転げ落ちていったり(笑)



で、微々たるものですが自分で自由に使えるお金がたまったので、「何を買おうかな」と考えてみたのですが……“折りたたみ自転車”ってどうでしょう?

史跡や神社仏閣を巡ってみると結構交通の便が悪くて困ることがあります。
日帰りできる距離なら自家用車に自転車を積む。そうしたら車をちょっと遠くても公共の駐車場に止めて、目的地までは自転車で移動。これなら駐車場を探してうろうろすることもなく、不審者に思われることもない。
いや、以前、小学校の近くにある史跡を見に行って、駐車スペースを探して小学校の周囲を何遍ももまわっていたら、学校関係者に警戒されてしまったので(冷汗)

また、折りたたんで袋に入れれば電車内に持ち込むこともできるので、遠出も可。大型トランクがあればバスにも積み込めるそうなので、自転車一台持って京都、大阪旅行なんてのも楽しそうです。

お値段、持ち運び易さ、スピード、ちょうどお手軽なのがあればいいのですが、はてさていいのが見つかるかどうか。

[2008/09/25 22:05] 雑記 | TB(0) | CM(4)

灯篭祭り 

9月22日の夕方~開催されました。
毎年、夏の終わりに利根川の河川敷で行われていたのですが、今年は雨で延期となって場所も聖天様の境内に変更されての開催となりました。
幼稚園の子供たちと家族が作った灯篭がたくさん並んでとっても綺麗でした。


tourou080922-000.jpg  tourou080922-001.jpg

tourou080922-002.jpg  tourou080922-003.jpg

tourou080922-004.jpg  tourou080922-005.jpg

tourou080922-006.jpg  tourou080922-007.jpg

tourou080922-008.jpg

[2008/09/25 15:55] 雑記 | TB(0) | CM(3)

群馬旅行 

tomi-00.jpg
17日にガイドの研修旅行へ行ってきました。

富岡製糸場→貫前神社→新島襄旧邸→榛名神社→榛名湖

と巡ってきたのですが、色々と勉強することが多く、充実した一日となりました。



tomi-01.jpg  tomi-02.jpg

富岡製糸場は群馬県富岡市に作られた官営の製糸工場。
蚕の繭から絹糸を紡ぐ工場として建設され、多くの女性が働きました。
「野麦峠」で知られるような悲惨なお話はここにはなく、良いところのお嬢さんばかりだったというお話は聞いていたのですが、ここでの様子を後に『富岡日記』として記した和田英さんが、松代のあの横田家のお嬢さんだったとはつゆ知らず、一緒に行ったガイドのメンバーに教えてもらいびっくりしました。



haru-00.jpg  haru-01.jpg

榛名神社。
数年前に行った時は携帯のカメラしかなくて(しかも200万画素)撮ってきたものは残念なものばかりでした。
今回はいっぱい撮ったぞー。

ということで上の写真は「矢立の杉」と本殿の虹梁に巻きつく龍の彫刻。
武田信玄が箕輪城攻略のみぎり参拝矢を立てて祈願した杉なのですが、「矢立」というのでてっきりこの木に矢を突き刺したのかと思っていたら、正しくは木の前から空に向かって矢を放つことなのだそうで……ガイドしてもらわなければ勘違いしたままでした。


haru-03.jpg
先代、林家正蔵師匠の玉垣とか……ほんと、教えてもらわなければわからないですよね。

[2008/09/23 08:22] 雑記 | TB(0) | CM(2)

バタバタしています。 

ガイドをしたり、まちづくりの活動をしたり、久々に友人とお昼を食べたり、バイトしたりで、歌舞伎の感想が書けません。

もう、記憶が薄れかけてる……(歳ですね)



金曜日は深谷上杉顕彰会の皆様をお迎えしてのガイドでした。
研究や現地見学もたくさんされていて、会員も500人からいる大きな会ですのでみなさん予習もばっちり。
私のガイドなんていらないくらいでしたが、つたない話しぶりでも熱心に聴いて下さってどうにか面目を保てました(苦笑)
次は反対に深谷の史跡を案内してもらいたいです。

あ``ー!!
三成が酒宴を催した伝説について詳しく聞くの忘れました。
なんということだ。

[2008/09/14 22:55] 雑記 | TB(0) | CM(0)

新橋演舞場へ行ってきました 

「実盛物語」見てきましたよ!
まさか歌舞伎で泣くとは思わなかった。

明日も早朝バイトがあるので、感想は明後日あたりに追記します。
おやすみなさい。

sinbasi08.jpg

[2008/09/10 22:12] 雑記 | TB(0) | CM(0)

「天地人」配役発表 

5年間使っていたお財布が壊れたので、買い換えました。
ついでにロマンウォーク用のバッグやらテーピングらやも買い込んで帰宅。
ネットにつないだら、「天地人」の配役の追加発表が出ていました。



石田三成…小栗旬
淀君…深田恭子
真田幸村…城田優
小早川秀秋…上地雄輔



……城田 優さん?

さっそく検索。

「ミュージカル 『美少女戦士セーラームーン』(2003年 - 2004年)の地場衛 / タキシード仮面役で俳優デビュー。その後も『ミュージカル・テニスの王子様』(2005年)、『スウィーニー・トッド』(2007年)などで舞台経験を積み、『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』をはじめ多数のテレビドラマに出演」(Wikipediaより転載)

若くても舞台経験積んでる人がいいなぁと常々思っていましたが、そっちの舞台ですか。
顔立ちは……かっこ良すぎるでしょ(笑)
あれですね、NHKは本格的に若いお嬢さんを釣りに来たんですね。
でも、キャスティングした人は草刈正雄さんを意識してるのかなーなんて。
あとは演技だ。演じているのを見ない限り何とも言えません。
とにかくがんばってほしいです。

そして。
小栗さんは何度か大河に出演しているから安心だとして、フカキョン!?
フカキョンは好きだけど、彼女からは純真なお姫様しか思いつかないです。淀君はドロドロしたイメージを持っているので、不安だ。

小早川秀秋。
よもや400年あまり後、裏切り者の上にお馬鹿キャラのレッテルを貼られてしまうとは。
上地さんってそういうキャラクターで現在テレビに出ているわけで……秀秋……。


いや、でも楽しみなことは変わらずですよ。
楽しい一年間になるといいな。

[2008/09/08 18:17] 雑記 | TB(0) | CM(3)

一輪挿 

kiasobi080906-00.jpg  kiasobi080906-01.jpg

とある木工所で制作された一輪挿。
一つ一つ手作りなのでとても温かみのある仕上がりです。

全部違う種類の木なんですよ。
左奥のこげ茶色のが柿木。
その前にある丸いのが欅。
アップで撮った少し白いのが銀杏の木。

時間があればダムへ行って素材となる流木を拾ってくるのだそうです。
ダム好きの自分としては一緒に行ってみたいなぁなんて。









osi07-00.jpg  osi07-01.jpg

さて、今年の行田のお祭りは11月9日(日)になるみたいですね。
何の因果か私ではなく家業の方に参加依頼があって日程を知りました(苦笑)
しかし、自分のところでも商工祭がありまして……さてどうすんべぇ。

た、たぶん行田を優先すると思います。
稼業や商工祭関連ではなく「時代まつり」を優先したい。
特に今年は松代のお祭りに行けるかどうか微妙なので。

※写真は去年のですよ~
[2008/09/06 22:42] 雑記 | TB(0) | CM(2)

今月の歌舞伎座と新橋演舞場 

地域SNSのお友達の日記で今月、新橋演舞場で「実盛物語」をやっているという記事が……
しかも海老蔵さんだよ。
あわあわ。

シアターコクーンでやってたお芝居、「わが魂は輝く水なり-源平北越流誌」(作:清水邦夫/演出:蜷川幸雄)では実盛を野村萬斎が演じてました。
先日NHK教育で放映されていたのをちらっと見かけただけですが、あらすじを見るとどうやら実盛が主人公のようで、もしかして実盛公、注目されてるの?の?


で、終わっちゃったお芝居の事は置いといて、あわてて演舞場のチケットの残り具合と自分の暇な日を照らし合わせてみたのですが、あんまり良い席は残ってない模様。確か2か月前くらいからチケット販売するもんね。あるわけないよね(´・ω・`)

携帯握ってあたふたする私の隣で母がポツリ。
「こういう時ってさぁ、歌舞伎座の方でも見たいのやってたりするんだよねぇ」

いやーな予感がして、歌舞伎座の9月公演をチェック。

夜の部
「近江源氏先陣館・盛綱陣屋」

どこかで見たな、この字面。
って、これの二つ下の記事に自分で書いてるじゃないの。


「ねぇ、本当に見たいのが重なってるんだけど……」
いや、正確には昼の部と夜の部だから見ようと思えば見られるのですが、お金と時間の両方がない。
東京住まいで毎日通えるようなところにいるのなら幕見で立ち見もいいけどねぇ。わざわざ電車乗っていくのならきちんと見てきたい。

チケット発売前に知っていたら、時間もお金も準備していたのになぁ。

とりあえず、「実盛物語」のチケットだけ確保。
ちょっくら見に行ってまいります。




松竹芸能(歌舞伎)HP
http://www.shochiku.co.jp/play/
[2008/09/04 15:34] 雑記 | TB(0) | CM(0)

ここで辞めたら負けだよね 

家に帰ったら全部ぶちまけて

「あぁ、もう、辞めてやんよ!!!!!」

って、叫ぼうと思ってたのに、なんと福田さんに先を越されてしまいました。
辞意表明のテロップを見て拍子抜け。
テレビの画面に映る人をぼーっと見ていたら、なんだか悔しくなって

「くそ~、こうなったら最後までやってやんよ!
 最後まできっちりやって、後くされなくすっぱり別れてやらぁ、こんちくしょー!!」

って気持ちになりました(苦笑)



明日は久々の早朝バイトです。
夏の間はお休みでしたが、明日からまた始まります。
ストレスを仕事で解消ってのもおかしな話ですが、一生懸命楽しくバイトしてこようと思います。
[2008/09/01 22:19] 雑記 | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。