スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今年のロマンウォーク 

自分の所よりも先に上田の広報を見る。
というより、うちの方はまだ市のHP上にUPされてない……地区の区長さんちに行けばもらえるけど、うちわ祭りも終わっちゃって、ロマンウォークみたいな心惹かれるイベントも無いから8月中に来てくれればいいです、はい(笑)

そんな地元の愚痴は置いといて、
今年も真田幸村ロマンウォークの申込の季節となりました。

10月25日(土)
 A 真田氏ゆかりの海野コース約28Km
 B 第二次上田合戦コース約11Km
 C 真田大助コース約4Km

10月26日(日)
 D 信州の鎌倉・湯けむりコース約30Km
 E 上田城・城下町寺社めぐりコース約10Km

※スタート・ゴールは、全コース上田城跡駐車場



細かいルートが出てないので、はっきり言えないのですが、たぶんB・C・Eルートは去年、一昨年と同じでしょうね。

Dは確実に別所温泉行きですね。
でも、時間内に帰ってこれるかな?
スタート8時で30kmでしょ?一昨年30km歩いた時は7時出発でぎりぎり終了時刻の4時に帰り着いたのですが。別所線……という逃げ道があるから大丈夫か。
(もはやウォークではない)

Aは「海野」というのが気にかかりますね。今までだと旧真田町へ行ってたのですが違うのかな?東御市の海野宿まで行っちゃうんでしょうか?
上田市内にも海野氏に関わる場所があるのかも知れませんが、そのあたり私は疎いもので……。
真田町方面でなければ、28kmのこちらに参加しようと思います。


とりあえず申込書を取り寄せなくっちゃ。
スポンサーサイト

[2008/07/31 20:46] 雑記 | TB(0) | CM(3)

編集作業 

ここのところ「まちづくりプロジェクト」のチラシやらスタッフ証やら作ってます。
私はメンバーが考えた原文やデザインをパソコンでいじくって仕上げる作業をやらせてもらっているのですが、あまりのスキルの無さに自分で苛立っています(苦笑)

「(Photoshop)エレメンツ先生が悪いんじゃない。使いこなせない私が悪いんだ」
でも作業中に今まで知らなかった機能とか発掘出来るのがとても楽しい。
趣味で自分の写真をいじくってるだけじゃ気付かずに終わってしまったことだらけで勉強になります。参考に見た動画サイトの同人絵師さんやグラフィッカーの作業工程に見入って手が止まるなんてこともしばしばでしたが、少しずつ進歩はしてるつもりです。

そのうちにある素材をいじくりまわすだけじゃなくて、一から全て作り出せるようになりたいですね。
(版権の問題も出てきますし)


ポスターUP用


[2008/07/31 16:11] 雑記 | TB(0) | CM(0)

'08うちわ祭り写真集 

今年は7月22日最終日に行ってきました。
いつも市役所前の17号交差点に山車屋台が集合したところで帰ってきてしまっていたのですが、今回はお旅所前で最後の叩き合いまで見てきました。
偶然、ガイドボランティアのメンバーに会って、色々解説までしてもらってしまいました。
「あたしら、不良婆さんだから今夜は12時までいるんだよ!
何?バスがないから帰るって?最後のお神輿見なきゃだめだよ!」
とついでに怒られてしまった(汗)

ま、そんなことはさておき写真をどうぞ。
クリックすると大きく表示されます。

・色々加工してありますのでもし未加工のものが欲しい方はメールフォームからお知らせください。
・著作権は放棄しておりませんが、悪用しない限りはご自由にご利用ください。
・写真の掲載で問題がありましたら直ちにご連絡ください。



P1200507.jpg
八木橋前、仲町区
人形は素戔嗚尊


P1200508.jpg
鎌倉区
練習上の真上に勤めていた人によると30年前のここのお囃子の練習はすさまじいものだったとか。
今はどうなのかわかりません。
人形は無し


P1200511.jpg
ピッコロ館
空き店舗を利用した子育て支援のコミュニティや地域SNSのオフ会をしたりする空間。
近くには「アート&キッチン」という同じように空き店舗を再利用している所があります。
それぞれ少しずつ方向性が違うのでお互いできること出来ないことを補いつつ周辺商店街の活性化につながればいいなぁと思います。
まだ仮オープン中なので知る人ぞ知る穴場(笑)
暑い中バス停から歩いてきてほっと一息つくことができました。



P1200513.jpg
お旅所
いつもここで青いうちわをもらうのですが。
やっぱり三日目の午後だと無いですね。
「うちわ祭」というだけあっていろんなところで配られているけれど、やはり八坂神社のを貰わないと雰囲気でないなぁ。



P1200515.jpg  P1200516.jpg
熊谷名物「雪くま」(←かき氷です)を買い求める行列。
多い時には30人以上並んでいたとか。
で、私も同じように並んでいたらポンと肩をたたかれました。
なんと隣は妻沼の物産展。
知った顔が何人もいて「寄ってきなよぉ~」って、あっという間にテントの中に押し込まれ、椅子に座らされ、ここでもまた一休みしてしまいました(笑)



P1200520.jpg  P1200521.jpg
第一本町区
今年の年番
人形は神武天皇



P1200522.jpg
熊谷駅へ向かう道路と国道17号がぶつかる交差点。
午後6時。通行止めの看板設置。
各町内にあった山車が17号に集まります。

物産販売のテントで「ゆっくりしていってね!」と言われたのは良かったけれど、まさに「ゆっくりしていった結果がこれだよ!」ってな具合で、待機中の山車屋台を全てカメラに収められませんでした。



P1200523.jpg  080722-04.jpg
筑波区
人形は日本武尊

これだけは押さえておかないと。
何せご先祖様(笑)なので。

P1200540.jpg
この角度が一番いい表情かな?


P1200550.jpg  P1200576.jpg
筑波区は18時半に出発。
しばらく追っかけ。


P1200593.jpg  P1200610.jpg
本家、京都の祇園祭では四条の交差点の信号機は横に動きますが、こちらは縦型。
そういえば山車って車ですよね?動力付いてないから軽車両になるんでしょうか?

右の写真は第一本町、第二本町が仲良く並んでいるのを後ろから撮ったもの。
下から顔がよく見えるように、ちょっと猫背ぎみに作られているんですね。


080722-01.jpg
市役所からの通りと17号がぶつかる交差点で集合
今年はまぁまぁよく撮れました。


P1200650.jpg
で、集合している山車を背にしてお旅所前のお祭り広場へ。
熊谷市長……もとい、熊谷観光協会長(八坂神社の祭礼なので宗教行事ってことで、肩書きが変わるんだそうです/苦笑)らが山車を迎えます。
真ん中、奥の方に人形が見えるでしょうか?


P1200657.jpg
山車屋台が広場へ向かって移動してくるとのこと。
そのまま前方に気を取られていたら、「ぼやっとしてなさんな。後ろからも(山車が)くるよ!」と注意されてしまいました。
言われてみれば、背後からお囃子が聞こえてくる。
四方からニョキニョキと現われて、いつの間にか囲まれて、逃げられず!
まさに「四面楚歌」
いや、そんなことより鐘の音で鼓膜が破れそう。
でも、逃げられない(汗)


P1200662.jpg  P1200669.jpg
市の無形文化財になっている「木遣」や最後の叩き合いがあって、年番送り。
残念ながら年番送りの大事な場面はうまく撮れませんでした。


P1200683.jpg
来年は、「筑波区」が年番
写真、「本三四・年番・筑波」と提灯が並んでいます。

ご先祖様が乗ってる山車の町が年番とあっては来年は何が何でも行かなくちゃ。
……って、毎年行ってるんですけどね。つまみだされない程度に筑波の追っかけをしようと思います。


080722-02.jpg
今年の大総代。
偶然近くでテレビのインタビューを受けてらしたので記念に一枚。
舞台の上ですべてのお囃子を横笛一本でリードする姿はかっこよかったです。
これだけのお祭りを統率するのは凄いですよね。
本当にお疲れ様でした。


[2008/07/26 20:48] 雑記 | TB(0) | CM(2)

祭り祭り~ 

20080713-001.jpg  20080713-005.jpg

上の写真は先週行われた地元の夏祭り。
今夜は利根川ぞい出来島(できじま)のあばれ神輿の前夜祭の花火の音が聞こえます。
来週は葛和田のあばれ神輿。
夏はササラ獅子やら廻り地蔵やら民俗学的にも興味深いお祭もあります。
でも、今年も相変わらず身動きとれない!
バイトも始めてしまったのでますます出かけられない!
うぅ。欲求不満です。


さて、お祭といえば明日はいよいようちわ祭りですね。
行けるとしたら3日目の夜かなぁ。
鶏さんが消える瞬間を見ることができないかぁ(涙)
※上に鶏(の人形?)が乗っている山車があって、日没と同時に消えるらしいのですよ。

最終日に行くならせっかくだから年番送りと木やりを見てこようかな。
いつも市役所前の集合を見て帰ってしまっているので、今年はちょっとだけ長居してみるのもいいかも。あと、営業時間に間に合えば、鎌倉町の空き店舗活用の様子をウォッチングして(本日の某新聞埼玉版にも話題が出てましたし)、護美山車(ゴミを集める専用の山車)もどんなふうに活躍しているのか実際に見てみたいですね。



そういえば、昨年の京都祇園祭旅行からもう一年たってしまったんだ……。
写真の整理はしたけど、レポも何にも書いてないや。忘れちゃう(汗)

うちわ祭も八坂神社のお祭なので祭の大総代は祭り前と祭後に京都まで行って八坂神社に参拝するのだとか。関東から短期間に二度も京都へいくのは大変ですね。

[2008/07/19 21:52] 雑記 | TB(0) | CM(0)

うちわ祭 

08-07-11_19-54.jpg  08-07-11_19-551.jpg

08-07-11_19-541.jpg


今日は用事で熊谷市街地へ。
太鼓の音に誘われて肝心の用事をすっ飛ばして練習場へ見学に行ってしまいました(笑)
関東一の祇園、うちわ祭は今月の20、21、22日に開催です。
本番を一週間前にして熱の入った稽古が行われています。
みんな息がぴったり。
21日の昼には妻沼からも練り込み囃子の子達がお祭りを盛り上げに行くらしいので、私も応援しに行きたいのですが、いかんせん私自身がその子達を送り出さねばならず、果たして追いかけていけるのか否か(苦笑)
夜なら行けるんだけどなぁ。


うちわまつり公式HP
http://uchiwamatsuri.com/



[2008/07/11 21:15] 雑記 | TB(0) | CM(3)

コーヒーを一服 

08-07-01.jpg

mixiのトップページがリニューアルされてる!?
前のにやっと慣れたところだったのに。
おばちゃんにはついていけないよ(苦笑)


今日は久しぶりに足利のコーヒー屋さんに行ってきました。
バイトを始めてからなかなか行けなくて。
変わらぬ味にただただ溜息ばかり。
溜息とともに3か月分の疲れが飛んで行きました。

足利といえばゲーム会社のコーエーって元は足利の染料問屋だったんだそうですね。先日の記事で富岡製糸場のことをちらっと書きましたが、ここも昔は足利銘仙という絹織物が特産で、きっと染料問屋というのもそういった関連だったんじゃないかなぁと思います。
絹産業の衰退とともにコーエー(の前身の染料問屋)も方向転換をせざるを得なくなったのでしょうか。それにしても凄い方向へ転換したものですね。


次、足利へ遊びに行けるのは秋口になるかなぁ。
[2008/07/08 23:28] 雑記 | TB(0) | CM(0)

七夕の様子 

20087月5~7日 七夕


★準備

08-07-05_09-42.jpg



★飾り付け

P1200214.jpg  P1200228.jpg


P1200308.jpg



★キャンドルナイト

P1200283.jpg  P1200285.jpg

[2008/07/06 20:59] 雑記 | TB(0) | CM(2)

7月に入ってから何をしていたかといいますと 

★1日はガイドの勉強会&9月の研修旅行についての相談。
今年の研修旅行は榛名神社、富岡製糸場、新島襄旧宅、などなどを巡る予定。
 榛名は社殿と矢立の杉に注目。
数年前に一度行ったのですがそのころまだカメラを持っていなかったので、今回はばっちり撮ってこようと思います。
 矢立の杉。武田信玄が箕輪城攻略の時に矢を立て戦勝祈願した杉。あの時は「あ~、御屋形様だぁ~」程度しか思わなかったけれど、「風林火山」おかげで箕輪だの長野氏だのなじみ深くなったので、ちょっと違った心持で見られるかなぁと(笑)
 富岡製糸場は深谷市手計(てばか)の尾高惇忠が場長を務め、その娘さんが初の女工となった点を注目したいところ。ちょうど吟子さんと同じくらいの歳ですし。富岡製糸場で働いた女性の多くは良家の出であったり才女であったりと今でいうキャリアウーマン的存在だったようです。
 まぁ、予定は未定ということで実際はどこまで行くかわかりませんが、今から楽しみです。

★3日はまちづくりプロジェクトの会合。
間近に迫った七夕についての相談と映画祭の件。
立ち上げ早々、こんなに色々やっちゃって大丈夫なんだろうかと心配していましたが、皆さんすごい人たちばかりで、話はどんどん進んでしまいました。

★5日、七夕飾りの竹を各店に配布するお手伝い。と自分の所の飾り付け。
5時に起きて飾り付けして「やっと終わった~」と思ったら「まだあるんだけど……」って段ボールひと箱分の飾りを差し出された時はどうしようかと(苦笑)
どんだけ張り切ってるんだ、母よ。
 夕方、キャンドルナイトのお手伝いに。キャンドルの暖かい光に七夕飾りが揺らめいて、幻想的な夜となりました。



[2008/07/06 20:58] 雑記 | TB(0) | CM(3)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。