スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

眠い 

kame-ueda070429.jpg  kutsu-ueda070429.jpg

7時間も寝たのに疲れが取れません。
きっと明日は筋肉痛になるんだろうなぁ。
年は取りたくないものです。
今日も早めに寝ます。

写真は上田で撮ったものです。

スポンサーサイト

[2007/04/30 19:58] 雑記 | TB(0) | CM(5)

『上田真田まつり』お疲れ様でした 

ueda-s070429-0.jpg皆様お疲れ様でした。
お会いした方々、色々とありがとうございました。
どうにか無事に午後8時前に帰宅する事ができました。


往復8時間。流石にお尻が痛いです。
今、大河ドラマを見ていますが、まぶたが半分落ちかけて何がなにやらです。急いで帰った意味が無いですね。
たぶん今日はこのまま寝落ちします。
mixiなどでのご挨拶は明日させていただきます。





20:45 追記
あー、大河の紀行「小諸」ですね。
時間があったら小諸城も寄ってこようと思っていたのですが、案内標識を横目で見るだけでした。残念。




[2007/04/29 20:42] 雑記 | TB(0) | CM(2)

明日の今頃は…… 

明日のこの時間は日曜に備えてもう寝ていると思います。
何せ午前3時起床、4時出発の予定なもので。

明後日29日、上田真田まつりに行かれる方。そして地元の皆さん。怪しげな人間が見物人に紛れ込んでいるかもしれませんが、どうかあたたかい目で見てやってください(笑)
知っている方にはお声をかけるかもしれません、また反対に私を見かけたらお気軽に声をかけてください。よろしくお願いします。



さて、昨日の日記にも書きましたように、今日は葛飾区郷土と天文の博物館の学芸員さんをお迎えして、利根川に関わる堤防や破堤箇所などを丸一日かけて巡りました。

現在、葛飾区郷土と天文の博物館では 特別展『諸国洪水・川々満水~カスリーン台風の教訓』 を開催中です。5月6日(日曜日)まで。
終了間際ですが興味のある方はこのゴールデンウィークに行ってみて下さい。

山口県岩国に残る寛保の大洪水の復旧事業の資料(『御手伝普請』)も展示されているそうなので、私も何とかして時間を見つけて行きたいところです。
利根川上流工事事務所で閲覧できるものは白黒コピーなので、一度本物を見てみたいのですが、関東の片田舎に住んでいるとそうそう岩国まで行けないし、絶好のチャンスなんですが。



mitsunari070427.jpgそれと、今日色々見てまわったところに、石田三成の伝説(?)があったようで……といっても、ちょうど私は学芸員さんに現在地の説明をしていて、そちらの話に加われず……

三成の名を聞いた瞬間に「ふひゅへぁ!?(「何でこんな所に!?」とでも言いたかったのか)」と変な声を発するしかできませんでした(苦笑)
どうやら忍城を水攻めする時の利根川からの取水をこの写真のあたりから行ったそうで、真ん中から右端にかけての木が生えている附近で三成が酒宴を催したとか催さなかったとか。
ちょうど私達が調査しているところを通りかかったおばちゃんが話してくれたそうで、これって何か文献に残っているんですかねぇ。

場所的には深谷と妻沼のちょうど境あたりなので、ここから水を取り込まれると私の家まで流されちゃうんですけど。
おのれ三成め。
あ、その頃はまだうちはないから関係ないか(笑)

なんだか面白そうな話なので、またあの辺をウロウロしておばちゃん捕まえてみましょうかね。


[2007/04/27 20:57] 雑記 | TB(0) | CM(0)

予定が立てられない。 

botan070426.jpg  huji070426.jpg

明日、寛保の大洪水と中条堤、そしてキャサリン台風の洪水について調査をしに東京から学芸員さんがいらっしゃるとの事。
ガイドの顧問でもある郷土史の先生がその学芸員さんを案内するそうで、「時間があったらいらっしゃい」とお誘いを受けました。
現場で専門家のお話をうかがうことができる貴重な体験。メモ帳とカメラを持って行ってこようと思います。

ですが……本当は明日上田行きの予定を立てるつもりでいたのです。今回は自動車で行って、上田周辺も色々まわってこようかなと思っているのですが、朝4時に自宅を出て……の後の行程が全くもってなんの下調べも準備もしていないのでかなりまずい。
最悪、新幹線があるからいいですが。
明日の夜、徹夜で計画立てればいいか。
旅行中よりその準備をしている時のほうが何気に楽しいですよね(苦笑)


[2007/04/26 22:22] 雑記 | TB(0) | CM(4)

2009年大河!! 

「直江兼続」だそうです。
火坂雅志の『天地人』が原作で脚本は小松江里子。
配役の発表はまだのようです。

来年は幕末ですがここのところ戦国連発ですね。
うれしいなぁ。
今から楽しみです。
[2007/04/26 20:53] 時代劇 | TB(0) | CM(4)

犬伏の別れ 

今回の統一地方選、特に市町村長や地域の議会議員選挙では各家でミニ「犬伏の別れ」が行われたのではないでしょうか。田舎の小さな地域では誰が誰に入れたなんて丸わかりですから、家庭内で腹の探り合い、または生き残るための票の振り分けの密談などが多々あったと思います。
ま、我が家などは大名でもなんでもない、ただの雑兵ですから関係ないですけど(笑)


inu070424-000.jpg  inu070424-001.jpg

今日は佐野方面へ用事ができて、ついでなので犬伏へ寄ってきました。
といっても通り過ぎただけで、上の写真は空き地に車を止めて走って撮ってきたものです(笑)
前日に行く事が分かっていたら、もう少し調べてレポができたのですが、前にネットで見たお寺とお堂にも一応立ち寄ってみたけれど、あの場所で真田親子が話し合ったというソースが見つからず。案内板などには真田のさの字もなくて……むーん。
犬伏の中心部に古くからあるお寺のようなので、何か大きな事があれば使用された可能性は高いと思いますが。
突発で行くのはやはりよくないですね(^^;)

[2007/04/24 18:42] 雑記 | TB(0) | CM(4)

目が死んでる 

「目が死んでるよー」と言われてしまいました。
他人から見ると、どうやら私はインターネットをしてドライアイになっている時のほうが生き生きしているようです(苦笑)
ここのところお気に入りのサイトを巡れず、ストレスがたまっています。思う存分ネットがしたいー!!

[2007/04/22 21:47] 雑記 | TB(0) | CM(3)

'07大河―瞬きするなあぁぁああ!! 

大河ドラマ『風林火山』を見ての感想です。
自分用のメモとしての記事ですので、おふざけが入っていることもあります。また、ネタバレもあるかもしれませんので、お気をつけください。


参考
・『風林火山』(井上靖/新潮文庫/平成4年72刷)
・公式サイト
・『NHK大河ドラマ・ストーリー 風林火山』(NHK出版)
・2ちゃんねる内の大河関連スレッド各種





【第16回・「運命の出会い」】

小日向さんお疲れ様でした。
ひょうきんなイメージを持っていたので、どんな諏訪頼重になるか心配だったのですが、杞憂に終わりました。
頼重、ドラマでは自害していましたが、小説では宴席で油断しているところを斬られていたような気がします。(手元に本が無いので未確認)
しかし、自害から由布姫の所に知らせが届くあたりまではちょっと間延びした感じで、他の役者さんたちも芝居がかっていたのが気にかかりました。なんかギクシャクしていたような?





さて、タイトルが「運命の出会い」ということで、勘助と由布姫の本当の出会いとなったわけですが……
勘助にはミツやんと由布姫が被って見えるんだろうとなんとなく想像していましたが、そのまんまで思わず笑ってしまいました。肝心なシーンだったのに(苦笑)

肝心なシーンといえば、由布姫役の柴本さん。
勘助に「死ぬのは嫌!生きてこの世を見たい!」とぶつかって行くところで瞬きがとても気になりました。

涙を流すためなのだと思いますが、台詞にあわせて瞬きしないと……役者さんはやっぱり目が命だから。中途半端にパチクリしてしまっては気高い美しい姫の魅力が半減してしまいます。
命のやり取りをしているのだから、相手の……勘助の目をしっかり見据えて、二人の顔が画面に映っている間、瞬きはしないで欲しかったなぁと思います。





で、今週も小山田面白い。
勘助が居ない間に武田の重臣が彼を評するところでの食いつき方がなかなかよかった(笑)
彼が出てくるたびにドキドキしてしまいます。





それと、困った事が一つ発生している事に気付きました。
典厩さん(信繁)と半ズボン氏(春日源助)と駒井さんの区別がつかないのです。典厩さんは他の二人より立場が上なのでまだなんとなく分かるのですが、画面の隅にいる半ズボンと駒井さんはどっちがどっちなのやら……
由布姫の話題が出た時にピクッと顔を上げたのはやっぱり半ズボン氏かなぁ(笑)






紀行:諏訪市 頼重寺 他



[2007/04/22 21:30] 時代劇 | TB(0) | CM(0)

手塚太郎光盛の供養塔 

地元のお祭りもひと段落。
ホトトギスのさえずりにふと上を見上げたら、いつの間にやらソメイヨシノが緑の葉っぱで覆われていました。
ここ一週間、下ばかり見ていたんだなぁ。

心に余裕を持って日々を過ごしたいところですが、そうもいかなかったり……(笑)




とりあえず明日中に手塚太郎光盛の供養塔について調べる事!(自分用メモ)

まさかあの光盛の供養塔が塩田平にあるなんて思っていもいませんでした。
しかも地名が「手塚」。どうやら館跡なんてものもあるらしいです。
手塚太郎光盛という人物は手短に言うと、斎藤別当実盛を討ち取った武将です。木曽義仲の軍の人です。

手短過ぎますか?(苦笑)
今、眠くて頭が回らないので時間があったら明日ちゃんと書きます。
すみません。


思わぬ伏兵の登場で29日の上田攻めの計画に乱れが生じています。
どうしよう(;^o^)
[2007/04/21 22:41] 雑記 | TB(0) | CM(8)

happy birthday・・・ 

cake070416-0.jpg  cake070416-1.jpg

よし!作るぞ!と気合を入れて腕まくりをしたものの、ケーキの材料を買っておくのを忘れておりまして……冷蔵庫を覗いたらクリームチーズがあったので、とりあえずチーズケーキにしてみました。

生クリームの代わりに牛乳を入れたらまるで酸っぱいホットケーキ。どうしようかと悩んだ挙句、ソースでごまかして家族に食べさせました。

左はプレザーブのイチゴ。
右は黒蜜ベースのソース。

こうして見るとミントの葉っぱも欲しかった。
山椒の葉っぱなら庭に生えているのですが……流石にケーキに山椒はまずいですよね(苦笑)

黒蜜ソース。
そのままでは味がくどいので、工夫して一味変えてみました。
意外な組み合わせでどうかな?と不安でしたが結構いけました。

次は、ちゃんと準備してもっと美味しいのを作りたいとおもいます。


[2007/04/16 16:25] 雑記 | TB(0) | CM(4)

こんな時間になってしまった 

ガイドの資料を作成していたらこんな時間になってしまいました。コピペだけの作業なのに手際が悪くてなかなか終わらない。目が!目がー!!

本日、甘楽・寄居・石和……その他、色々なお祭に参加された皆様方、お疲れ様でした。
私もどこかへ行きたかったけれど、家庭の事情と地元のお祭の準備で結局出れずに終わりました。

そろそろ熊谷地方も葉桜になっています。
上の方を見上げるとケヤキの新芽も出始め、雲雀や蛙の声も聞こえます。蛙はちと早いような気もしますが、これもまた暖冬の影響なんでしょうか?

明日は早く起きられたらケーキを作る予定です。
起きられなかったら、どこかで買おう(笑)



今週は地元のお祭で忙しく、日記を書いたり書かなかったりの日々になるかもしれません。ご了承ください。

[2007/04/15 23:41] 雑記 | TB(0) | CM(0)

上田行き決定 

毎年4月の土日は色々用事が立て込んで、しかも直前までその用事の詳細が決定しないのですが、今年は早いうちに話が固まって正式に29日の真田まつりに行けることになりました。

といっても、当日まで何が起こるかわからないのがニート生活。
急な用事を言いつけられ拘束される事が多々あるので、長野新幹線に乗り込んで初めて「確実に」おまつり見物決定となるのですが……(苦笑)
日記を見たら、去年は27日に決定してますねー。

ところで今回は市のHPに詳細UPされないのかしら。
で、電凸……?

UEDA-SANADA060429-078.jpg


[2007/04/11 22:43] 雑記 | TB(0) | CM(10)

中村錦之助 

中村錦之助というと往年の時代劇スター萬屋錦之介を思い浮かべます。

殺陣の上手い役者の話になると必ず出てくるのが若山富三郎とヨロキンですが、知人に薦められて見た「子連れ狼」。このドラマでの錦之介の殺陣は凄かった。
始めてみた回の衝撃は今でも忘れられません。
何話だったか失念しましたが、番組終了時間まであと数分というところで十数人に囲まれる拝一刀(萬屋錦之介)。「次回に持ち越しかぁ」とふっと目を離して、再び顔を上げると(その間20~30秒)、取り囲んでいた侍達が皆切り伏せられているという。
「は?何、何が起きたんだ!」と唖然呆然する他ありませんでした。

決まって終了15分前にチャンバラが始まるあの番組やまるで日本舞踊を踊るように峰打ちしていき、お庭番にトドメを刺させる某上様を見慣れていた私には新鮮すぎるほど新鮮で、しばらく夢中で放送にかじりついていました。



なんで唐突にヨロキンの話を始めたかといいますと……
今月の大歌舞伎で二代目中村錦之助の襲名披露なんだそうです。
初代の甥っ子にあたる人物がその名を受け継いだとの事。錦之助の名が歌舞伎界に残るのはいいことだと思います。二代目の活躍を期待したいと思います。

この襲名公演の演目に「実盛物語」あるんですよね。知っていたらチケット取って行ったのになぁ。残念です。

[2007/04/11 22:05] 時代劇 | TB(0) | CM(0)

人形劇三国志 

時代劇専門チャンネル(サイト)で放送しているらしい。
うちは契約してないから見れない\(^o^)/
ナンテコッタイ/(^o^)\
しかも「真田十勇士」も近々放送予定だなんて。

ええい!皆様の受信料で作った作品を横流しするなNHK!!
自分の所で再放送しなされ!

DVDも高くて買えないし、貧乏人はつらい……。
[2007/04/10 16:11] 時代劇 | TB(0) | CM(6)

風邪をひきました 

先日の花冷えの日以来、家族が風邪をひいて寝込んでいます。
おかげで昨日の大河は病人の世話をしながら音声のみ聞くという事態になりました。"風林火山"の旗が登場するかっこいい回だったのに。

夜中に大河板の香坂スレを覗いてみたら「俺の源五郎が汚れちまった」とか「さらば半ズボン」とか凄いことになっていたのですが、日本放送協会がまた何かやらかしたのでしょうか(笑)


そうそう、危うく投票にも行けなくなりそうだったのですが、締め切り時間が午後8時までという事で駆け込み投票してきました。
国民の義務をろくに果たしていないのに権利だけはしっかり行使しています。すみません。



CD070409.jpgカメラを買って一年ちょっと。
このブログで毎日のようにヘボ画像を掲載して皆様のお目を汚していますが、この度とあるCDの歌詞カードに使っていただく事になりまして……

ちゃんと写真の事勉強しておけばよかったと今更ながら後悔しています(;´~`)

[2007/04/09 21:00] 雑記 | TB(0) | CM(2)

大根 

大根と蕪をたくさんいただきました。
大根はおでんに入っている大きさの半分の厚みに切ってソテーに。蕪は糠床に漬けて食べました。どちらも美味しかった。


大根、放置しておくと↓のように花が咲きます(笑)

daikon-hana070407-0.jpg  daikon-hana070407-1.jpg


[2007/04/07 21:47] 雑記 | TB(0) | CM(4)

鬼平見てきます 

昨夜は音楽を聞きながらのんびり食器洗いをしていて、木曜時代劇を見るのをすっかり忘れていました。「柳生十兵衛七番勝負」最終シリーズの初回だったのに……。

今日は「鬼平犯科帳」があるので、遅れないよう早めに後片付けをしました。
で、テレビをつけたらNHKの迷宮美術館で狩野派の特集……
さ、最初から見たかった。

ここのところ気になる番組を見はぐってばかりですね。

ところで「迷宮美術館」電源を入れて聞こえてきたBGMが戦国無双(たぶん1)のものだったので、ゲーム機の電源入れぱっぱなしだったかと一瞬慌てました。
NHKなら大河とかのサントラとかたくさんあるでしょうに、よりによってセンムソ(笑)

狩野派の絵師も生き残るため豊臣と徳川に分かれたんですね。
よく考えれば当たり前のことかもしれませんが、思わず「へぇ」とつぶやいてしまいました。



あ、時間になってしまった。
では鬼平見てきます。

hana070406.jpg


[2007/04/06 21:05] 雑記 | TB(0) | CM(2)

撮影日和? 

mejiro070405.jpg気温は低いけれど、良いお天気!
外へ飛び出して桜の撮影です。

が、天気が良過ぎるのも難点。
光が強すぎてメジロが作り物のようになってしまいました。目なんて誰かがシールを貼ったみたいだ(笑)


nuko070405-1.jpg  nuko070405-0.jpg

木登り子猫。

後ろから来た自転車にびっくりして木に駆け登ったのですが……
どうやら下りられなくなっちゃったみたいで。
しばらく木の上で「にゃあにゃあ」鳴いていました。
2m弱の高さで、慣れている子なら簡単に飛び降りてしまうのですけれど、この子には難しかったみたいです。
「大丈夫だよ~」と声をかけたものの、人間の言葉が分かるはずもなく、しばらくウロウロしてからやっとの思いで下りてきました。

怖い思いしちゃったね(´・ω・`)


[2007/04/05 23:39] 雑記 | TB(0) | CM(2)

4月はイベントが重なる月 

「その時歴史が動いた」を見ていたら、またしてもブースターを切られました。謙信を見ようと思ったのに、松平さんの挨拶で終わってしまった……。

我が家はあまりテレビを見ないので、テレビや電波を増幅するブースター(これが無いとテレビをつけてもほぼ砂嵐)の電源が入っている事は滅多にありません。電源ランプが光っていると誰かが必ず消します。家族に何も言わずにビデオ予約しておいたら、2時間丸々砂嵐だったという事もままあります。
ブースター、自分の部屋に付け替えるかこっそり新しいのを買うべきか(苦笑)



上田真田まつりに先立って、講演会が催されるそうです。
mixi内、真田コミュのかわちゃんさんのレスを転載させていただきます。
「風林火山の時代を学ぶ~県内連続講演会・上田会場~
【真田氏・村上氏の興亡と民衆】」

●日 時
 平成19年4月14日(土)午後1時30分~午後5時
●場 所
 上田市文化会館内 中央公民館3階
●内 容
 【真田幸隆と信濃先方衆】
 講師 寺島隆史(上田市立博物館長)
●映 像
 【風林火山を訪ねて】(予定)
●記念公演
 【戦国時代の大名と民衆】
 講師 井原今朝男(国立歴史民俗博物館教授)
●参加費 1,000円
●主催 長野県図書館協会
●問い合わせ先 
「上田市立図書館」 電話0268-22-0880

3時間半の長丁場。
かなり内容の濃いものになりそうです。

14日ですか。
14、15日は各地でさまざまなイベントが予定されていますね。
あぁ、分身の術ができたらなぁ。
幸隆さんのお話し聞きたいなぁ。


[2007/04/05 23:26] 雑記 | TB(0) | CM(0)

文化財修復工事現場見学 

sakura070404.jpg
お気に入りの桜の木。
工事現場の隙間から撮りました。

今日は聖天堂の修復工事現場と荻野吟子記念館のガイドをしてきました。聖天堂の工事のほうはかなり進んでいました。これなら予定通り終了できるかな?





修復作業は佳境に入り、建物から取り外す事のできない彫刻の塗りなどが始まっています。これらは大変細かい作業で見学によって支障をきたす事のないよう今月から以下のような日程で公開が行われるそうです。

・重要文化財 歓喜院聖天堂 修理現場見学について
【見学日】
毎月 第2・第4金曜日
※休祝日・お盆・年末年始は実施しません。
【見学時間】
1回目 午後1:00~2:00  2回目 午後1:20~2:20
3回目 午後1:40~2:40  4回目 午後2:10~3:10
5回目 午後2:30~3:30  6回目 午後2:50~3:50
【定員】
各回25名
※25名を超える団体は班分けなど要相談
※受付は先着順の為、各回の定員を超えた場合日時の
希望に添えない事もあります。

これ以外の細かい事につきましては歓喜院へ直接お問い合わせください。見学には事前の申し込みが必要です。上記の日程は変更される可能性もありますので、お手数ですが確認を必ずしてから申し込みを行ってください。




[2007/04/04 23:40] ガイド・郷土史 | TB(0) | CM(0)

共学に驚愕!? 

花冷えとはよく言ったもので、今日は大変寒い日となりました。
東京では雪も降ったとか。
毎日の温度差がこれだけあるとどんな丈夫な人でも風邪を引きそうですね。


sakura070329-0.jpg


ところで。
う、上田高校って男女共学だったんですか。
100年以上の伝統があり、尚且つ進学校で「○○高校」と"○○"の部分に地元の地名が入った学校は男子校というイメージが強く、今まで上田高校もてっきり男子校だと思っていました。


という事はお、女でもあの校歌が歌えるということですか!?
あの六文銭ジャージが着られるということですか!?

皆と一回り年が離れてるけど、おばちゃんも受験しようかな。
上田までの新幹線の定期が学割で買える。毎日上田に通える。

が、少子化のご時世とはいえ流石に埼玉からの超越境入学は拒否されるでしょう。いや、その前に現役の時ですら英語と数学が壊滅状態だったので、受験できても絶対に合格できないわけですが(笑)
「伝統校=男子校」だと思い込んでしまうような硬い頭ではいくら勉強してもだめだろうなぁ。志望動機も不純すぎですよね。




[2007/04/04 23:39] 雑記 | TB(0) | CM(0)

悪さをする奴は誰じゃ! 

tori070401.jpgせっかく桜が満開だというのに、雨だったり曇りだったり。去年のような写真は撮れないかもしれないと思うと残念です。
早くも緑の新芽が出てきて花びらがチラチラ舞い始めています。

長瀞の枝垂れ桜、結局今年も見れず仕舞いかぁ。

桜の木の下を見ると花びらではなく花そのものが落ちている事があります。どうやら蜜を吸おうとする鳥が落としているようです。
ヒヨドリ、メジロ、雀、シジュウカラ、ヤマガラなどが桜の木々を楽しそうに飛び回っていますがこのうちの誰が犯人(犯鳥?)なのか……

上の写真はヒヨドリ。
このときは長い嘴を器用に使って花を散らさないように蜜を吸っていました。
むむむ。すると小さな嘴の雀達?



hana070401.jpg  hana070329.jpg


[2007/04/03 15:42] 雑記 | TB(0) | CM(2)

'07大河―電源落とされる!! 

大河ドラマ『風林火山』を見ての感想です。
自分用のメモとしての記事ですので、おふざけが入っていることもあります。また、ネタバレもあるかもしれませんので、お気をつけください。


参考
・『風林火山』(井上靖/新潮文庫/平成4年72刷)
・公式サイト
・『NHK大河ドラマ・ストーリー 風林火山』(NHK出版)
・2ちゃんねる内の大河関連スレッド各種




【第13回・「招かれざる男」】

yumi070401-0.jpg大河……幸隆さん登場場面で別室にあるテレビブースターの電源を切られ、忍芽さんや長野業正とのやり取りが見られませんでした。

慌てて電源を入れに行って帰ってきたときには……
再放送を見れるといいのですが。


小山田信有が最近気になる存在です。
最初の頃は嫌味ったらしい嫌なやつだなぁと思っていたけれど、そこがむしろよくなってきた。小山田信茂と武田家の最期を考えつつ彼の言動に注目しています。

今回鬼美濃様が意外とかわいらしかった(笑)
あの顔で泳げないなんて。


しかし、途中テレビを切られたのは痛かった。
再放送見ることができたら感想追記します。


[2007/04/02 18:22] 時代劇 | TB(0) | CM(4)

夜桜コンサート 

sakura.070330-0.jpg
2007年3月30日(土)
夜桜コンサート


週末のイベント。
無事に終える事ができました。
あいにくの雨になってしまった上に開始間際になって季節外れの雷が鳴り始め、一時はどうなる事かとハラハラ。
しかしこのお天気の中ほとんどの方が参加。約1時間半、チェロの生演奏を楽しんでいってくださいました。

桜の花が咲く頃、町中に音楽が溢れるような音楽祭ができたらいいなぁ……と思うのですが、夢のまた夢かしら?
[2007/04/01 19:53] 雑記 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。