スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

子供が犠牲になる世の中…… 

ageha060930.jpg


PCをリカバリーしました。
必要なものだけ別に保存して、インストールしなおしたら
とっても軽くなりました。
あまりに快適になったので、大切なものをうっかり消して
しまっているのでは?と少々不安だったりもするのですが、
たぶん……大丈夫でしょう。








ネットで話題になっているある出来事について。
独り言。


一番迷惑しているのは、救われるはずの人。
「会」の人たちはそれに気づいて欲しいと思います。
大人たちのずさんな対応によりさまざまな誤解を受け、後ろ
指をさされながら生きていくことになったら、元気になる意味
が無い。

目の前にある消えかけた命を救うことは当たり前。
でも、その後のこともちゃんと考えてあげてください。
手術のあと「よかったね」の一言で放り出すことだけは
無いように。

多くの誹謗中傷があるかも知れません。
でも、誹謗中傷と思われる言葉の中にも大切なものが
潜んでいることがあります。
冷静に何が一番重要か考えて、行動して欲しいと思います。


この一週間、関係各所を見ていてそう感じました。
スポンサーサイト

[2006/09/30 22:18] 雑記 | TB(0) | CM(0)

夏と秋 

inaho060929-1.jpg

ひまわりと稲穂。
あぜ道が季節の変わり目。



昨日、やっぱり東照宮へは行けませんでした。
その上パソコンの調子が悪くなって、さんざん。

今日もお天気とはうらはらに
あまりいい日ではありませんでした。

明日はいい日になりますように。


辛い時こそ笑顔、笑顔。

[2006/09/29 17:51] 雑記 | TB(0) | CM(4)

猫一家 

nuko060927-0.jpg  nuko060927-1.jpg


nuko060927-3.jpg  nuko060927-4.jpg


nuko060927-5.jpg  どれを載せるか選んでいて
  もだえてしまいました。
  何なんでしょうこの親子。
  可愛すぎる。
  奥にいる茶色いのは、
  赤の他人です(笑)





明日、早起きできたら権現様の所へ行ってきます。


[2006/09/27 22:01] 雑記 | TB(0) | CM(2)

てるてるぼうずがあらわれた! 

teruteru1.jpg
  画像の整理をしていて発掘。
  テルテル坊主のお化け。
  もとい……磯禅師。


静御前終焉の地の伝説が残る某所のお祭りで撮影。
ど真ん中に陣取り、睨みをきかす磯禅師。
その左右には静と義経。

母親が二人の間を引き裂いてどうするんだ……。


ここのお祭りも毎年十月。
いつか行けたらいいなぁ。

[2006/09/27 01:41] 雑記 | TB(0) | CM(0)

架空請求と名簿業者 

nuko060925-1.jpg  nuko060925-0.jpg

なるべく刺激しないようできるだけ遠くから撮影しているのですが、
調子に乗って近づいたら、背後から「フーッ!!!」という不穏な
音が……。親猫が怖い顔で威嚇していました。

ごめんね。脅かしてごめんね。



今夜はイマイさんスペシャルがあるということで、架空請求
について危機感を持ってもらうべく、家族に見せました。

が、ひたすら笑い続けて危機感全く無し。
番組選択を間違えた(苦笑)


去年の今頃だったでしょうか。我が家にも卒業生名簿を作る
名目で個人情報を得ようとする不審な葉書がきました。

嬉々として記入している母を見つけ、その葉書を取り上げて
名簿業者の名前をネット検索してみると、案の定注意を促す
お知らせが各学校のHPに掲載されていました。

それを見せながら、小一時間お説教。

「だって学校の名前が書いてあったから、学校からきたもの
だと思って、懐かしくなっちゃって……」

個人情報云々されているこのご時世に年収やら従業員数やら
記入させる名簿があるかー!!


なんて言っている私もこのブログで自分の情報垂れ流し
しているんですけどね……。
もう少し気をつけないといけませんね。


[2006/09/25 21:37] 雑記 | TB(0) | CM(2)

丹波さん 

俳優の丹波哲郎さんが亡くなられたそうです。
私が見たのは「義経」の源頼政が最後だったでしょうか。
火の中でニヤリと笑う頼政、かっこよかったなぁ。
ご冥福をお祈りいたします。


[2006/09/25 20:59] 雑記 | TB(0) | CM(0)

秋の空 

sora060924-0.jpg  sora060924-1.jpg

台風がそれたおかげで、土日ともにいいお天気となりました。



sakura060924.jpg  nuko060924-0.jpg

桜の花がぽつぽつと。
ソメイヨシノとは違う種類です。
お天気がいいと今頃から春まで一つ二つずつ咲きます。
春……ソメイヨシノが咲き始める頃、いっせいに花をつけ、
満開になります。不思議な桜です。



[2006/09/24 18:26] 雑記 | TB(0) | CM(0)

吾も恋ふ 

waremoko060923-0.jpg


  吾亦紅(われもこう)



この花を知ったのは「クレヨン王国シリーズ」でした。

クレヨン王国のパトロール隊長クレヨン王国のパトロール隊長
三木 由記子、福永 令三 他 (1986/10)
講談社
この商品の詳細を見る

「パトロール隊長」と「月のたまご」は大人が読んでも楽しめる
良書だと思います。
小さい頃は「クレヨン王国」と「ずっこけ三人組」が大好きで、
夢中で読んでいました。
アマゾンの各レビューを見ていたらまた読みたくなりそうに……。
そういえば、両方とも何年か前にアニメ化していましたね。
子供の頃に読んだ人が製作に関わっているかも。




ohagi060923.jpg  kaki060923.jpg

「おはぎ」
また作り過ぎてしまった。




午後、ちょっと時間があったので読んだ本。

伊勢斎宮と斎王―祈りをささげた皇女たち伊勢斎宮と斎王―祈りをささげた皇女たち
榎村 寛之 (2004/06)
塙書房
この商品の詳細を見る


斎藤姓を説明する時に、
「伊勢神宮に仕える巫女さんがいる斎宮という所の
 責任者の藤原さん→斎宮の藤原さん→斎藤さん」
とお話ししていたのですが、
「じゃあ斎宮って何よ?」
と聞かれたら困るなぁと思って、読んでみました。

「なんだろう?」(苦笑)

これを具体的かつ簡潔に説明するのは難しい。
「伊勢神宮に仕える未婚の内親王」でいいのかな。

仕えるといっても年に三回しか祭祀に参加しないので、
神宮に常駐する神官や巫女とはちょっと性格が異なり、
どちらかというと天皇の名代と言った方がしっくりくる
存在だなぁと思いました。

[2006/09/23 22:16] 雑記 | TB(0) | CM(0)

次生まれるときは…鳥になりてえな… 

sirohigan060922-0.jpg
  三日前の様子。

  下の写真が今日の様子。
  よく見ると、ちょっとピンク
  がかっています。


sirohigan060922-1.jpg  sirohigan060922-2.jpg


午前中、母に石塔に刻まれた年号の意味がわからないと言われ、
確認しに行きました。

「『発巳 安永二年』だって。安永二年へび年に誰かがどこかへ
旅立った記念かねぇ?」

そ、その発想は無かったわ(笑)

正しくは「癸巳」だと思います。
風化が激しく、謂れや寄進者の名前は判別不能。
西暦1773年というと230年以上前。
拓本を採ったら面白いことが見つかるかもしれません。



午後はちょっと気になることがあって、ヤマトタケルの
東征から死亡までの足取りをネットで検索。

横書きの漢文とにらめっこしていたら、目がカピカピに
なってしまいました。
白鳥伝説までたどり着けなかった……。
本題まで行きつくのには時間がかかりそうです。


tyou060922-0.jpg


[2006/09/22 20:37] 雑記 | TB(0) | CM(4)

金・銀・赤 

ginmo060921-0.jpg  ginmo060921-1.jpg

銀木犀は花が目立ちません。香りは遠くからでもわかるのに。



kinmo060921-0.jpg  kinmo060921-1.jpg

昨日とは違う場所の金木犀。
これだけの量でこの近さだとまさにむせ返るような香りです。



kinmo060921-3.jpg
  子供のいたずらでしょうか。
  でも、これくらいが丁度いい
  かも。





higan060921-0.jpg  higan060921-1.jpg

昨日まで無かった場所に……。
周りの緑に埋もれて、赤い花が咲くまで気付きにくいのです。


[2006/09/21 18:15] 雑記 | TB(0) | CM(0)

いい香り 

kinmokusei060920.jpg  nuko060920-0.jpg

今日はとてもいいお天気になったので、夏物を全部洗濯しました。
ベランダに出たらほんわりいい香りがしてきたので、掃除終了後
にカメラを持って外に出ました。

写真は金木犀。
銀木犀もあったのですがうまく撮れなかったので、明日また
チャレンジしてきます。

明日は秋冬ものを引っぱり出して洗濯して……こんないいお天気
だと、どこかへドライブに行きたくなっちゃいますねー。

[2006/09/20 21:40] 雑記 | TB(0) | CM(0)

観光ボランティアガイド養成講座―一回目 

saitamakaikan060919.jpg  埼玉会館
    (さいたま市浦和区)
  曇り空のうえ、携帯電話
  のカメラで撮ったので
  映りが悪いです。
  


本日、「観光ボランティアガイド養成講座」に参加してきました。
県内で観光ガイド活動をしている人たちを対象に行われる講座
で、初級コースとレベルアップコースがあるのですが……
色々ありまして、私はレベルアップコースに参加することになり
ました。

川越や岩槻など観光都市として名高い地域の方々に交じっての
受講に終始緊張しっぱなし。
班に分かれてのディスカッションは、自分でも何を言っているの
かわからなくなるほどでした。

しかし、観光ガイドのように人前に出て何かしようとする人は
皆さん知力も体力も溢れていて凄いですね。
ほとんどの方が私の親より年上だと思うのですが、頭の回転も
速いし、見た目もお若い!

半引き篭もりの私は、その圧倒的なパワーに押されっぱなし
(苦笑)


一回3時間半の講習ですが物凄い密度の濃い内容で、参加して
良かったと思っています。
これから11月まで二週に一回の割合で浦和通いです。
全部通って、きちんと終了証をいただいてこようと思います。


[2006/09/19 22:31] ガイド・郷土史 | TB(0) | CM(3)

おつかれさま 

higanbana060916-1.jpg  higanbana060916-0.jpg

このブログにも掲載したことのある猫が死んでいるのが見つかっ
たそうです。
最近、毛並みも悪くぐったりしていることもあったので、調子が
悪いのかなぁとは思っていましたが……。

新しい子が来ると誰かしらが旅立っていきます。
死んでしまう子、もらわれていく子、別の縄張りへと移動する子。
どこへ行ってもみんな幸せに暮らせますように。

天国でいっぱい日向ぼっこできますように。

[2006/09/16 21:58] 雑記 | TB(0) | CM(3)

「風来忍法帖」と「信玄忍法帖」 

sirohigan060915-0.jpg  sirohigan060915-1.jpg

かわった百合があるなぁと思ったら、白い彼岸花だそうです。
もうすぐお彼岸。おはぎ用の小豆を買ってこなくちゃ。



tonbo060915-0.jpg  tonbo060915-1.jpg

とんぼのめがねは~♪
お空の写真も撮ったけど、思うような画像にならず。




風太郎の「信玄忍法帖」と「風来忍法帖」の再読を始めました。
買ってきたまま積読されている本がいくつもあるのに、再読(笑)

小説は2~3冊並行して読むのが好きです。
本当は「風来―」と一緒に「青嵐の馬」(宮本昌孝)と
「水の城―いまだ落城せず」(風野真知雄)を読みたかった
のですが図書館に無く、隣にあった「信玄―」をなんとなく
手に取りました。
             ・
             ・
             ・
             ・
             ・
             ・
             ・
真田源五郎夫妻のラブラブっぷりをご紹介しようと思って、
本を開いたら普通に読みふけってしまった……。
「信玄忍法帖」普通に面白いな。

問題は私の苦手な虫のグロ表現がある点……(苦笑)


「風来―」これは泣ける一冊。
笑わせながら泣かせるって凄く難しいと思います。
読み終わった後の脱力感だけは今もよくおぼえています。

前半と中盤の内容は全くおぼえていないので、今回の
再読はそこの所を重点的に読んでいこうと思っています。

11月までに「青嵐の馬」と「水の城―」も手に入れて、
忍城攻めに行くぞー。



[2006/09/15 23:04] 雑記 | TB(0) | CM(6)

令義解 

先日、ガイドで「荻野吟子記念館(ブログ内リンク)」へ行ったら、
「令義解(りょうのぎげ)」が展示してありました。

「令義解」は「大宝律令」の「令(行政法など)」に関する官撰
注釈書で、平安時代に作られたものです。
一部散逸したものもありますが、私撰注釈書の「令集解」とともに
奈良、平安時代の律令制度を見ていく上で大変貴重な資料となっ
ています。



吟子女史は医学を志し、医師開業免許試験を受けようとする
のですが、「今まで女医がいた前例が無い」とはねつけられて
しまいます。

しかし、以前読んだ「令義解」の中に「女医」という言葉があった
のを思い出し、これを提示して女性の受験を認めてもらえるよう
活動したそうです。



せっかく展示してあるのに、文章の内容については一切触れ
られていなかったので、ガイドしていて尋ねられると困るなぁ
と思い、文章を写させてもらいました。

そして今日、明日の記念館でのガイド講習会に向けて、ちょっ
と訳しておこうと手をつけたのですが……


ryounogige060914.jpg  全然、終わらなかった。
  1時間もあればできると
  思ったのに、結局4時間も
  かかってしまいました。
  しかも、自分で訳した文の
  意味がわからない(汗)


漢文の授業を中国文学専攻の子に丸投げしていたツケが
こんなところでまわってくるとは。まじめに勉強しておけば
よかったと今更ながら後悔の念に駆られています。



訳してみて思ったのですが、この文章での「女医」は
「女性の医師」というよりも「産婦人科の医師」としての
意味合いが強いような気がしました。

そうすると、「女医の前例」としては説得力に欠けるかなぁ
と思うのです。
ここのところを先生方に質問できるといいのですが……。
明日の講習会に行けるかどうかちょっと微妙なんですよね。



[2006/09/14 22:04] ガイド・郷土史 | TB(0) | CM(0)

小人なので不善をなしてみる 

久しぶりに行田の「閑居(公式HP)」へ行きました。
日記を見てみたら、約5ヶ月ぶり。
そんなに行ってなかったんだ……。

kankyo060813.jpg  kankyo060813-1.jpg

前回ランチをいただいた時は大変混んでいたのですが、
今日はお客さんが少なく、ゆっくりさせていただきました。

右の写真は抹茶ロールと紅茶。
このロールがとてもおいしいんです。
抹茶の練り込まれたスポンジ生地は密度が高く、弾力があります。
フォークを入れようとするとはじき返される感じ。
中は生クリームとあずき餡です。




nuko060912-1.jpg
   <伝令!
    無双エンパの発売が
    さらに延期されたと
    のこと!!



nuko060912-2.jpg
   <なんと!
    それはまことか!
    コーエーは何を
    いたしておるのじゃ!



nuko060912-0.jpg
   <げぇっ!
    ちょっくら忍びこんで
    みたら、とんでもない
    事聞いちまったぜ。


猫達は雨が降ると、大抵決まった場所で雨宿り。
喧嘩もせずにじっとしています。


戦国無双のエンパ、また延期だそうで。
延期はゲーム業界ではよくある事らしいのですが、
あまりゲームをしない人間としては腑に落ちません。
信用とかそういうのは端からない業界なのかなぁ。
発売予定と明記しておりますが、何か?」と
言われてしまえば、返す言葉は無いのですけれども……。

[2006/09/13 22:19] 雑記 | TB(0) | CM(0)

秋の長雨 

念願のしとしと雨。
今日こそゆっくり読書だー!

といきたいところが……ガイドがありまして、雨の中
色々ご案内してきました。
少しずつですが慣れてきて、スムーズにお話し出来る
ようになったかなぁと思えるガイドでした。


maki060912.jpg  これ、「高野槇」って
  聞いたんですが、テレビに
  出ていたのと違うような……

  また騙されたか?


新宮様、とてもいいお名前ですね。





[2006/09/12 17:51] 雑記 | TB(0) | CM(3)

また夜に雷 

asagao060911.jpg  hana060911.jpg

nira060911.jpg  sennin060911.jpg


せっかく早く寝たのに、午前2時過ぎに雷に起こされました。
深夜から早朝にかけて関東の広い範囲でかなり荒れたよう
です。

この間の落雷で近所でも家電製品が全滅したお宅があった
そうで……コンセントに繋いでいたものが全て壊れたと聞き
ました。

大切なものがたくさん入っているので、パソコンがやられたら
私も大変困ります。
先日のような酷い雷ではなかったですが、眠い目をこすって全
てのコンセントを引っこ抜きました。


そういえば先日の落雷、あれだけ落ちたのに全然停電しない
なぁとのんきに思っていたら、ドッカンドッカン落ちている中、
東京電力の方が復旧作業をしていたとの事。
命がけのお仕事に頭が下がります。


[2006/09/11 18:09] 雑記 | TB(0) | CM(2)

UFO、群発地震、大本営、EVA、幕末、戦国 

エヴァンゲリオンの新しい映画が製作されることになった
そうで……GAINAX公式

あれから11年かぁ。あの頃は若かった。
「キャーキャー」言って映画見に行って、どんより暗くなって
帰ってきたなぁ。カヲル君のラミカを無理言って友人に譲って
もらったり。懐かしい。

新作かぁ。




そういえばエヴァで「松代」が出てくるんですよね。
多分このアニメでイントネーションを知ったと思います。

ついでに記憶をたどってみたところ、初めて「松代」の字を
意識して見たのは小学校低学年の頃。
オカルトに目覚めて、それ関係の本を読んでいた時。
群発地震とUFOの関係が書かれていたと思います。
自然のピラミッドもあるとか無いとかあったような。
うわ、今度行く時探してみよう。

大本営も気になるし、あと象山記念館!
「新選組!」で象山先生が暗殺された次の日に突発的に
松代へ行ったのに、あまりに突発的過ぎて立ち寄れなかっ
たので心残りだったのですよ。

といっても、今度のお祭のついでに行くのは無理だろうなぁ。




そんでもって無理がもう一つ。
立川流真打 立川談慶 創作落語「真田幸村の生涯」独演会

>平成18年9月16日(土)、17日(日)

ヽ(`Д´)ノ無理だあぁぁぁぁあああ!
いや、もう少し早く知っていたら予定が組めたかもしれない。
落語、聞きたい……です。
立川談慶さんって「上田真田まつり」で司会をしていた落語家
さんですよね。

あぁ……落語。
いいなぁ。



[2006/09/10 21:50] 雑記 | TB(0) | CM(4)

無題です。 

先月の「火まつり」の様子をUPしました。
作業するまではめんどくさいなぁって、
ちょっとだけ思っていたのですが、
やりだしたら結構楽しくできました。

今週は天気予報で「雨が降る」と言っていたのに
結局降らずじまいでなんだかんだと忙しく……

まったり、ほっこりしたいのです。
しとしと雨が降らないかなぁ。


[2006/09/10 18:27] 雑記 | TB(0) | CM(0)

火まつり(大我井神社祭礼)―その一 

2006年8月27日
大我井(おおがい)神社にて行われた「火まつり」の様子を
ご紹介します。

なにぶん夜のお祭りなため、見難い画像もありますが
ご了承ください。
間違え、問題点などございましたら、メールでご連絡頂ける
と有り難く存じます。



himaturi060727-019.jpg  himaturi060727-021.jpg

「大我井神社」は埼玉県熊谷市妻沼地区の鎮守です。
といっても現在の神社形式でお祀りされるようになったのは、
明治時代のこと。
江戸時代までは近くの聖天様に神様も仏様も一緒にお祀り
されていました。いわゆる神仏混淆(神仏習合)です。

徳川幕府が倒れると、明治新政府は神仏分離の政策を打ち
出しました。それによって廃仏毀釈の嵐が巻き起こり、日本中
のお寺や仏教に関する文化財がたくさん失われたそうです。

この土地の人達は今まで信仰してきたものを守るため、
新しく社を建築し、当時「聖天宮」とも呼ばれていた聖天様
から氏神様を分祀することにし、政府に陳情します。

「聖天山長楽寺歓喜院」は歓喜天を祀る真言宗の仏寺。
「大我井神社」は伊弉諾尊、伊弉冉尊をはじめとする神を祀る
神社である。

政府はこれを受け入れ、この地の神仏は守られることとなり
ました。

これに関しては、神仏混淆から分離にいたるまでの経過、
分離後の神社とお寺の関係など話題は尽きないのですが、
別の機会にお話ししようと思います。




で、お祭りですよ!

この大我井神社には社殿向かって左側に大きな富士塚があり、
今回のお祭りは「北口本宮冨士浅間神社(Wiki)」の鎮火大祭
(吉田の火祭り)にあわせて行われるものです。


himaturi060727-000.jpg  himaturi060727-001.jpg

神主さんが拝殿で古式ゆかしく火を起こします。
横棒を上下させ縦棒を高速回転させ火を起こす
舞錐式(まいぎりしき)という発火方法です。



himaturi060727-002.jpg  火を起こす間、拝殿の
  前で待つ巫女さん。
  小学6年生の女子から選ばれ
  ますが、良家のお嬢さんばか
  りです。皆さんかわいらしい。
  でも、ピンボケ……。

私はどこぞの馬の骨から生まれたのかもわからない上に、
「石長比売(イワナガヒメ)」派なのでお呼びがかかりません
でした。
くそう、岩のようにゴッチリ長生きしてやる!(笑)




その二へ続く

火まつり(大我井神社祭礼)―その二 

himaturi060727-003.jpg  himaturi060727-004.jpg

火がついた瞬間と巫女さんが富士塚の山頂にその火を点火
する様子。
これを再び下へ下ろし、綺麗に組まれた薪へ点火すると
このお祭りのクライマックスとなります。



himaturi060727-005.jpg  himaturi060727-007.jpg


himaturi060727-008.jpg  himaturi060727-009.jpg

火がついたばかりの頃はいいのですが……
これがだんだん火力を増すと、顔が熱くて大変。
熱いというより、痛くなります。

周りに張られた結界ギリギリに立っていた見物人が
「熱い!熱い!」とどんどん後ろへさがります。




その三へ続く

火まつり(大我井神社祭礼)―その三 

himaturi060727-010.jpg  himaturi060727-011.jpg


himaturi060727-012.jpg  himaturi060727-013.jpg


himaturi060727-014.jpg  火の勢いが強くなりすぎると、
  消防が放水し火力を抑えます。
  この辺りはちょっとした家込み
  なので、毎年、飛び火しないか
  ヒヤヒヤしながら見ています。






その四へ続く

火まつり(大我井神社祭礼)―その四 

himaturi060727-0150.jpg  ある程度薪が燃え、炭に
  なってくると、周囲に緊張が
  走ります。
  ←この中心にある棒の争奪
  が行われるからです。


今年も消防が水をかけて火を消し始めた直後、一人の男性が
真ん中の棒を持っていきました。

まだ、火は残っていて、万が一の事を考えるとちょっと怖いなぁ
と思います。  



himaturi060727-015.jpg  himaturi060727-016.jpg 

棒を持つ男性と横たえられた棒。
まだ火が残っていて、水蒸気とともに煙も上がっています。



himaturi060727-017.jpg  himaturi060727-018.jpg

火が完全に消えると見物人総出で炭を拾います。
この炭を持ち帰ってお祀りしておくと、一年間火災に
見舞われないとのこと。



himaturi060727-020.jpg  もちろん私も頂いて
  まいりましたよ。
  土間や燃えるものの無い
  所へ一晩置いて、所定の
  場所へお祀りします。







「続き」には参考文献など……

.

続きを読む

今年食べたかき氷(一部) 

ko-ri060909.jpg  本当ははもう一回長瀞の
  天然氷を食べて、さらに
  日光(旧今市市)にある
  「松月氷室」(ここも天然)へ
  行くつもりだったのですが、
  家族のぎっくり腰で断念。

それでも、これだけ食べたぞー!
うっかりカメラを忘れたのと、食べるのに夢中で撮るのを
忘れたのを入れると、実は上の写真の倍以上食べてたり
します(笑)。

よくお腹を壊さなかったものだ。
来年はどこへ行こうかしら。


hana060909.jpg
[2006/09/09 21:31] 雑記 | TB(0) | CM(2)

こねこー 

nuko060908-00.jpg  nuko060907-03.jpg

nuko060907-04JPG.jpg
  子猫、全部で4匹いました。
  これなら寂しくないかな。
  ちょこちょこ動くので
  うまく撮れませんでした。





昨晩はなかなか眠れなかったので、徹夜でブログを読み
返してみました。
誤字の数だけでも頭が痛くなりましたが、なんとまぁ酷い文章。
自分で自分に「日本語でおk(「まともな日本語で書きこんで
ください」の意)」と言いたくなりました。

4時ごろまで起きていたのですが、その時間に部分月蝕があった
とあとで知りました。見たかったなぁ。
天体ショー、結構好きなんです。

[2006/09/08 21:47] 雑記 | TB(0) | CM(0)

写真、撮ってない 

「いやいや、撮ってるだろ」って言われそうですが、
なんていうか、意識して撮っていないんですよね。
夏の間、色々余裕が無かったせいで、自然とか景色とか
を注意して見ていなかったと思います。

で、撮りに出かけたんですが……
毛虫と蚊にやられて早々に退散(笑)

手足や首筋に虫よけスプレーしていったら、顔面に
集中攻撃されて、唇や目の縁を刺されてしまいました。
虫刺されの薬が塗れなくて困った。


とりあえず今日は猫でお茶を濁してみたり。

nuko060907.jpg  nuko060907-02.jpg

nuko060907-01.jpg
  ←新入りさん。
  高い声で一生懸命鳴いて
  いました。
  親猫を見かけないので、人間に
  捨てられちゃった子なのかな。
    

[2006/09/07 22:48] 雑記 | TB(0) | CM(0)

刃物 

higo060907.jpg
  デスノートの作者が
  アーミーナイフを車内に
  所持していたということで
  逮捕されたそうです。
  小畑師匠……。


銃刀法では刃渡り6cm以上の刃物を正当な理由が無く所持
してはいけないとの事。

でも、こういった携帯用のナイフは持ち歩くためにあるわけで、
化粧ポーチや裁縫セットと同じように何かのときのために身
につけたり、車の中に入れておくんじゃないかなぁ……
と思うんですが。

「何かの時」というのが「喧嘩の時」や「むしゃくしゃした時」と
いう輩が増えてしまったのが法律が厳しくなった一番の原因
なのでしょうね。

上の写真は祖父の肥後守と十徳ナイフ(正確には二徳?)
です。
祖父が亡くなってそのままにしておいたら、使えなくなって
いました。

とてもよく切れるのでカッターなんか要らなかったのに。
道具はちゃんと使ってあげないと駄目ですね。

でも、下手に持ち歩くと捕まっちゃうからやっぱりしまって
おこう(苦笑)



kaki060907.jpg
  柿。
  どれを採ればいいんだー!
  このままだと4つとも駄目
  になる予感。


nanten060907.jpg
  南天。
  色付くのが楽しみです。
  お正月の松飾に使います。




[2006/09/07 17:09] 雑記 | TB(0) | CM(2)

日本 

新宮様のご誕生、お喜び申し上げます。
私のような下々の人間には量り知れぬような大変な事も
あると思いますが、どうぞお健やかに良い人生を歩まれて
いかれますよう。ネットの片隅でお祈りしております。



さて、今日は昨日とうって変わって肌寒い雨の一日と
なりました。
雨の音を聞いてゆっくり時を過ごすことが出来ました。
ちょっと落ち着けたかな。

明日もお天気は雨のようなので、積読していた本を
いくつか片付けましょうか。

まぁ、今日もぽつぽつ童門冬二の「渋沢栄一」を読んで
いたわけで。
そこで、驚いた事が一つ。

―まだ、日本では京都と東京の二つの都市が首都であって、
どちらか一つにするという勅命や詔や法律があるわけでは
ない―
 ※「渋沢栄一―人間の礎」(童門冬二/学陽書房)より

「ええ?!嘘でしょ?」と思ったのですが、
確かにWikipediaにも
>日本の首都を直接定める現行法令はない。
と書かれていました。

義務教育期間中に「日本の首都は東京」と習った覚えが
あります。しかし、まさか法律で明文化されていなかったとは……。
日本って本当に不思議で面白い国ですね。


[2006/09/06 22:53] 雑記 | TB(0) | CM(4)

まったりまったり 

raiden-ryu060901.jpg  raiden-namazu060901.jpg

「今年の夏はいろいろやりすぎたかなー」と思う一日でした。
公に発表する総括のようなものを作成していて、色々考えた
のですが……。うん、やりすぎだ。

調子付いていると必ず手痛いしっぺ返しを喰らうので、
気をつけなければいけません。

せっかく表に出られるようになったのに、ここで躓いたら
また逆戻り。焦らず騒がず少しずつ前に進まなきゃ。



今日みたいなからっと晴れたいい日には、赤城山の山頂で
ぼーっと空を眺めていたいですね。

車を買ったばかりの頃、紅葉の前もしくは終わった後の誰も
いない駐車場で3時間くらいぼーっとしていたことが何度か
ありました。
秋から冬にかけての高い空は……涙が出るほど綺麗なんですよ。

一人でどこかにドライブ行きたいなぁ。
だーれもいないところ。


[2006/09/05 22:07] 雑記 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。